突然に出来るようになる

いかのカット
沖漬風いかの塩辛のカットは、包丁一本でカットしています。
先日の朝市でお客様から、「いかの塩辛のイカが噛みきれない」からなんとかならないか?「でも腑の味は最高」と
言われました。それからどうも気なってしょうがありません。
30年前にいかの塩辛を開発していたころ、4㎜、4cmと習いました。
その意味が最近なんとなくわかってきました。
イカの塩辛を美味しくするためのサイズなのかもしれないと。
これより太くなると、噛みきれずらくなるのかもしれません。
このところ、イカのカットを急いでいたために、太くなっていました。
今週は、このことに気をつけて、太くならないようにカットしました。
いかのカットは、一本一本がつながらないように注意が必要です。
そんなことを考えながらイカのカットをしていて、
いつの間にか、自分でも驚くほど、早くしかも無理なくカットしていることに気づきました。
単純な作業でも、毎日丁寧に継続していると、突然以前出なかったことがで出来るようになります。
人間って、素晴らしいと思います。最初から機械を使っていると、こんな体験ができません。
基本は、手作りにありますね。
/サバひろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です