クルミ味

いか沖漬け
マルカネの沖漬け風いかの塩辛は、イカを丸ごと醤油に漬けて沖漬を作ってから、
イカを割いて塩辛にします。
上の写真は、イカを沖漬にしているところです。
私は、岩手県宮古市の出身なのですが、おいしい物のたとえに、「クルミ味がする」と良く言います。
八戸も含めて、南部地方の正月にすり鉢ですったクルミを付けて食べるクルミ餅があります。
お雑煮の餅もクルミに付けて食べることもあります。
そういったわけで、美味しいことの代名詞として「クルミ味」と言います。
私の親父がよく言っていた、クルミ味は、「さんまのたたき」でした。
宮古は、さんまの水揚げ港ですので、秋になれば毎日さんま料理でした。
さんまのたたきは、さんまを三枚に卸し、皮をむいて、まな板の上で包丁でたたいて
細かく砕き、ねぎのみじん切りを混ぜ合わせて、酢醤油で食べます。
これがまさしく「クルミ味」だったのです。
このように、クルミ味とは、なぜか魚介類の美味しさの表現に使われています。
いかの塩辛の味も、新鮮ないかの腑の味、まさしく「クルミ味」です。
マルカネのイカの塩辛を食べた時、この「クルミ味」を思い出しました。
/サバひろ

お取り寄せ 沖漬け風イカの塩辛 お取り寄せはコチラから
お取り寄せならさばのマルカネ 沖漬け風イカの塩辛~お取り寄せ用ネット通販ページが開きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です