blog_3364_main

どうして美味しいの?北の海が育てた八戸前沖さばの秘密

どうしてこんなにも美味しいのでしょうか?

八戸はイカの水揚げ量日本一を誇る日本有数の漁場として有名ですが、さばの街としても有名です。日本最北のさばの漁場・八戸前沖で獲れた「八戸前沖さば」は地域ブランド品として全国的にも高い評価をいただいております。

今回は、なぜ八戸前沖さばが美味しいのか、その隠された秘密をご紹介します。

さばってどんな魚?

まずは、さばがどういった魚なのかをご説明します。

さばはサバ科に属する魚で、日本近海においては主にマサバとゴマサバの2種類が存在します。一般的にマサバは体がやや長くお腹に小黒斑が見られません。脂がのっており晩秋から翌年2月頃が旬とされています。一方ゴマサバは体がやや丸くお腹にたくさんの小黒斑がみられます。マサバに比べ脂質が少なく、1年を通して味もほとんど変わりません。

ブログ画像

日本人に人気のさば

さばは、日本人によく食べられる魚であり、水産庁が公開しているデータでは数ある魚介類の中で7番目の消費量となっています。(貝類は除く)

年間1人当たりの魚介類品目別家計消費の推移(全国/2014年)

順位 名前 数量(g)
1 さけ 847
2 まぐろ 763
3 いか 682
4 ぶり 635
5 さんま 512
6 えび 438
7 さば 378
8 かれい 342
9 あじ 338
10 かつお 315
11 いわし 225
12 たこ 224
13 たい 198
14 かに 181

出典:平成26年度 水産白書(水産庁ホームページ)

堂々の1位はさけ。食卓に頻繁に出てくるイメージですが、さばもよく食べられているようですね。皆さんの食卓ではどうでしょうか?

栄養満点!さばは元気の源

ブログ画像

栄養面から見てもさばは優秀な魚と言えます。

脂質が多く、その中にはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)といった不飽和脂肪酸というものが含まれています。悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やしてくれるので、動脈硬化や脳卒中、高血圧などの生活習慣病から身体を守ってくれる働きがあります。

また、ビタミンB12を多く含むため、貧血予防や肩こり解消に効果があるとも言われています。

ん〜これだけ効能があると毎日でも食べたくなります。不規則な生活などをされている方には特におすすめですね!

おまけ

ちょっと話が脱線してしまいますが、数や年齢をごまかすことを「さばを読む」といいますよね。この表現は江戸時代から使われているらしく、さばは傷みやすいため早口で数える必要があり、実際の数と合わないことから生まれたそうです。

八戸前沖さばの秘密

前置きが長くなってしまいました。それでは、八戸前沖さばが美味しい理由を見ていきましょう!

太平洋沿岸を回遊するさばは春頃になると伊豆半島沖で産卵し、餌となるプランクトンを求めて北海道沖まで北上してきます。そこでたくさんの餌を食べたさばは、秋頃になると再度産卵のために南下してきます。身には脂肪が入り込み、引き締まっていますので風味は格段に上がっています。これを「秋さば」と呼びます。

ブログ画像

北の海が育てた味

ブログ画像

八戸前沖さばはその名の通り、八戸前沖で獲れたさばのこと言います。上述したように、八戸は日本最北のさばの漁場であるため、毎年9月に入ると海水温が急激に低下します。サバは水温が18℃になると脂肪分が多くなると言われています。

では、どのくらい多いのでしょうか?「八戸前沖さばブランド推進協議会」の公式サイトにはこうあります。

トップシーズンに八戸前沖で漁獲される600g以上のサバには、粗脂肪分30%に達するものがあります。また、400g程度の小さい魚体でも粗脂肪分15%以上になります。文部科学省が発表する日本食品標準成分表2010によると、真サバの脂肪分は12.1%と発表されていますので、八戸前沖さばの粗脂肪分がいかに高いかということがわかります。
また、粗脂肪分は北欧産のサバよりも後味が良く、消費地の飲食業界の方からは「日本一脂がのったサバ」と評価されています。
引用:八戸前沖さばブランド推進協議会

なるほど。確かにこれは多いですね。

つまり、八戸前沖さばの美味しさの秘密は海水温度にあったわけですね!八戸という北国だからこそ最適な温度まで下がり、さばの美味しさをグッと高めてくれるということです。

美味しいだけじゃない!

また、先ほど挙げた不飽和脂肪酸ですが、こちらは脂肪分が多くなるほど増加するという特徴があるようです。ということは、八戸前沖さばは、美味しい上に体を守ってくれる成分もたくさん含んでいると言えますね。

サバの粗脂肪分には、EPA・DHAという不飽和脂肪酸が含まれていますが、その含有量は粗脂肪分が高くなると増加するという特徴があります。八戸の水産加工会社が2006年10月に実施した調査によると、600g以上のサバでマグロに匹敵する不飽和脂肪酸が含まれていることがわかりました。
引用:八戸前沖さばブランド推進協議会

マグロといえば「目玉を食べると健康に良い」なんて聞きますが(実際には目玉の周りのお肉ですが)、これと同じような効果が得られるということですね。

八戸前沖さば。なんて良いことづくめなんでしょう!

八戸前沖さばブランド推進協議会

今回の記事を作成するにあたり参考にさせていただきました。八戸のさばについてもっと知りたい方はこちらもご覧ください。
http://www.8saba.com/home/

八戸・三陸のさばを全国の皆様へ

さばは傷みやすい魚ですが、マルカネの独自技術により美味しく日持ちがするように加工してありますので、全国の皆様に安心して食べていただくことができます。
有名な料理店でも扱われることも多い八戸のさばを、ご自宅の食卓に並べてみませんか?ご注文・お問い合せはこちらからお願いします。

個人のお客様はこちら
法人のお客様はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です