blog_3522_main

「ライアの祈り」は青森で絶賛先行公開中。朝市も登場するよ!

全国に先駆け、青森県で先行公開中の映画「ライアの祈り」。ある1人の女性が縄文時代の魅力に触れ前に踏み出していく感動作です。

舞台となるのは縄文時代の宝庫である八戸市で、国宝「合掌土偶」を所蔵する是川縄文館も登場します。是川縄文館について詳しくはこちらをご覧ください。

「ライアの祈り」が5/30より青森先行公開!ロケ地の是川縄文館に行ってみた
地元では大きな話題です! 八戸市が舞台の映画「ライアの祈り」が明日5/30(土)より、全国に先駆け青森県で先行公開されます。原作は「あなたへ」「津軽百年食堂」などで知られる森

劇中には蕪嶋神社、種差海岸、みろく横丁など八戸の代表的な観光スポットが登場します。その中には陸奥湊駅前朝市も含まれていますが、マルカネでは日本最大級の館鼻岸壁朝市に出店しております。

ということで、今回は館鼻岸壁朝市の様子をご紹介します。

日本最大級!多くの人で賑わう八戸館鼻岸壁朝市

ブログ画像

館鼻岸壁朝市は来場者が毎週1万人以上にもおよぶ、全国最大規模の朝市です。

3月〜12月の期間中は毎週日曜日に夜明けとともに開かれ、約800mの朝市ストリート両側に約300店のお店が並び、まるで1つの「まち」のようなスケール。

海の幸はもちろんのこと、ここでしか買えないような商品なども揃っています。

マルカネこだわりのさば寿司

ブログ画像

マルカネが朝市に出店し始めたころ、いかにお客様に喜ばれる商品をお届けできないかと考えた結果生まれたのがさば寿司です。

市内にもさば寿司を食べられる場所はありましたが、関西のように酢飯とさばの間に大葉やシイタケの煮物などを挟んだような、手のこんだものはほとんどありません。そこで、それらを参考に自分たちなりのさば寿司をつくることにしたのです。

八戸・三陸産の脂がのったさばと青森県産の米が絶妙にマッチしているので、他では味わえない最高の味わいです!

今では毎回売り切れるほどの人気商品になっており、朝市以外の実店舗でも購入できます。

店舗のご紹介はこちら

もちろん、オンラインショップでも購入できます!

オンラインショップはこちら

さば寿司

6貫/600円

おやつ感覚で楽しめるさばカラが大人気!

ブログ画像

さば寿司と同じくらい人気なのが、さばの唐揚げ「さばカラ」です。

おやつ感覚の一口サイズで、カリッとした歯ごたえとともに中のジューシーなさばを味わうことができる逸品でございます。5個で200円と価格もとってもリーズナブル!

こちらも毎回売り切れるほどで、いつもお買い上げいただいているお客様には感謝感謝です!ありがとうございます!

八戸ユートリー駅前横丁「朝市屋」でも購入できますので、観光や出張の帰りに新幹線で食べるのにもおすすめですよ。

さばカラ

5個/200円

ここでしか買えない、できたてサクサクのサバメンチ

ブログ画像

隠れた人気を呼んでいるのが「サバメンチ」。八戸・三陸産のさばと青森県産長芋を贅沢に使った手作りメンチカツです。

衣は驚くほどサクサクですが中身はとても柔らかく、食感だけでも楽しむことができます。

こちらは館鼻岸壁朝市でしか食べられない商品ですので、気になる方はぜひお店へいらしてくださいね!

サバメンチ

1個/180円

300店にもおよぶ大迫力!

マルカネ以外にもたくさんのお店があり、どこも活気にあふれています。

八戸ならではの海の幸がたくさん揃っているだけでなく、店員さんとのお喋りもおすすめポイントの一つ。親切に話しかけてくれるので新たな発見があるかもしれませんね。

ブログ画像

ブログ画像

ブログ画像

ブログ画像

ブログ画像

朝市はマルカネの原点

2011年に起きた東日本大震災により青森県八戸市は沿岸部を中心に大きな被害を受けましたが、同年7月3日に再開した朝市は、震災から立ち上がろうとする人々の大きな力となりました。

私たちマルカネも復興に少しでも貢献したいと思い、2011年9月より出店を開始しました。ここでは様々なお客様と出会うことができ、大切な意見などをいただくこともあるので、商品開発の参考にさせてもらってます。

マルカネはこれからも手作りにこだわり続け、お客様に喜ばれる商品をお届けしてまいります。

八戸館鼻岸壁朝市

●場所:青森県八戸市新湊 館鼻岸壁
●開催日:毎週日曜日(3月中旬~12月)
●時間:日の出〜午前9時頃
公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です