blog_3814_main

冷めても美味しいワケは?青森県産米を使用したマルカネのさば寿司

今まで寿司に使われているお米を気にしたことはありますか?

マルカネがこだわりを持ってお届けする「さば寿司」では、お米にもこだわりがあります。

ポイントは ”冷めても美味しい” こと。

マルカネでは八戸市内にある店舗以外にもオンラインショップでの販売をさせていただいているので、こちらでご購入いただいた際は冷蔵便でお届けすることになります。

お客様のもとへ届いたさば寿司が美味しくあるためには、冷たい環境でもお米が美味しい状態を維持している必要があるのです。

秘密は青森県産米にあり

ブログ画像

お米というと秋田県の「コシヒカリ」や「あきたこまち」などを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、青森県にも優秀な品種が揃っています。

有名どころでは、収量性やブレンド特性にも優れていることから青森県内に広く普及している「まっしぐら」や主に津軽地方で生産されている「つがるロマン」などが挙げられます。

また、今年の秋にデビューする「青天の霹靂」は日本穀物検定協会による2014年産米の食味ランキングにおいて、最高評価である「特A」を取得しました。

米の食味ランキング

米の食味ランキングは、炊飯した白飯を実際に試食して評価する食味官能試験に基づき、昭和46年産米から毎年全国規模の産地品種について実施しています。
食味試験のランクは、複数産地コシヒカリのブレンド米を基準米とし、これと試験対象産地品種を比較しておおむね同等のものを「A’」、基準米よりも特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B’」として評価を行い、この結果を、毎年食味ランキングとして取りまとめ、発表しています。
引用:日本穀物検定協会 公式サイト

青森県は冷涼な気候で病害虫の発生が少ないため、農薬を抑えることができます。そのため、人にも環境にもやさしい安全なお米を生産することができるのです。

マルカネはどれを使っているの?

ブログ画像

マルカネのさば寿司では青森県産米の「まっしぐら」と「ゆきのはな」という品種をブレンドしたお米を使用しています。

低アミロース米の特徴

青森県の認定品種である「ゆきのはな」は低アミロース米に分類されます。アミロースとはデンプンに含まれる成分のことで、これが少ないとお米の粘りが強くなり美味しく感じるといわれています。

そもそも、お米は”うるち米”と”もち米”の2種類があります。うるち米とは、普段ご家庭で食べられているようなお米のことで、「まっしぐら」もそれに属します。もち米とは、その名の通りもちにするためのお米です。

低アミロース米はそれらの中間に位置しているので、普通のうるち米より粘り強く、つやつやして柔らかい美味しいご飯になります。

ブログ画像

ブレンドして更に美味しく

低アミロース米とうるち米をブレンドすると、より美味しくなるという特性を秘めているため、「ゆきのはな」と「まっしぐら」の相性はすこぶる良く、絶妙な美味しさに仕上がっているのです。

美味しさの持続性

「ゆきのはな」の大きな特徴は ”低温でも固まりにくい” ことです。それはつまり、冷蔵便で送られても米の粘りや柔らかさが維持されるので、美味しい状態でお客様のもとへお届けできるということです。

生産者の熱い思い

ブログ画像

もともと「ゆきのはな」はあまり流通されていなかった品種でした。

しかし、東通村の生産者・相馬誠さんは”冷めても固まりにくい”という特性などに魅せられ、農協や周りの人々からの反対を押し切って生産を開始したといいます。

”下北の米を守る会”のメンバーのひとりで、「売れなくても良い!」と言ってしまうほど熱い情熱をもっている彼は、地元でも有名な方で、弊社代表・秋山兼男とはマルカネ設立以前からのお知り合いです。

品質の良さと収穫量が多いことから、マルカネでは彼が生産したお米を使用しています。

相馬さんの熱い思いが入った「ゆきのはな」は、まさに絶品です。

冷めても美味しいさば寿司を食べよう!

ブログ画像

さば寿司の美味しさには、お米へのこだわりが隠されていました。

もちろん、さば自体もマルカネ独自の製法で他にはないプロの味が施されていますし、さばと酢飯の間には味付椎茸と甘酢生姜をアクセントに入れることで、さば寿司全体のハーモニーを重視し、より深い味わいをお楽しみいただけます。

すべてにおいて、こだわり抜いたさば寿司を、ぜひご賞味ください。

さば寿司の製品紹介はこちら

販売店のご紹介はこちら

オンラインショップはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です