a-haccp

【安全の証】新湊食品工場がA-HACCPの認定を受けました。

※この記事は2015年3月4日に公開された記事を再編したものです。

こんにちは。5月になりますます暖かくなってきましたね。緑が綺麗でついつい外に出たくなります。

さて、本日は工場に関するニュースをお届けします。
なんと、弊社の自社工場であるマルカネ新湊食品工場がA-HACCPの認証を受けました!これもひとえに、これまでご支援・ご協力いただきました方々、そして何より、いつもマルカネ商品をお買い上げいただいているお客様のおかげです。本当にありがとうございます!

安全の証 A-HACCP

ところで「A-HACCP」とは、どういったものなのでしょうか?以下、青森県庁ホームページより引用です。

A-HACCP(あおもりハサップ)とは・・・食品の安全性確保の国際的な標準であるHACCP(危害分析重要管理点方式)※の考え方に基づく自主衛生管理を進めている県産食品の製造・加工施設を認証する制度です。食品事業者の自主衛生管理の推進を積極的に評価し、HACCPの普及を促進することで、県産食品の安全性を確保することを目指しています。

※HACCP(危害分析重要管理点方式:Hazard Analysis Critical Control Point)・・・食品の製造・加工工程での食品の安全を損なう要因を特定し、特に重要な工程を連続的に管理することで食品の安全を確保します。

引用元:青森県庁ホームページ

HACCPは国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められた手法です。A-HACCPは、その考え方に基づいて青森県が定めた衛生管理手法ですので、一定の安全性が確保されているということになります。

つまり、マルカネの工場が異物混入防止や衛生管理などの安全面において青森県から認められているということです。このことより、私たち食品事業者にとって以下のメリットが生まれます。

  • 食品の製造・加工の工程を見直すことで、安全性が高まり食品事故の発生リスクが下がる
  • 一般的な衛生管理を効果的に行えるようになる
  • 食品取扱者の衛生意識が向上する

さらに、お客様にとっても以下のようなメリットが生まれます。

  • 認証施設について県が公表するので、購入する県産食品の選択に役立つ
  • 県産食品の安全性の向上により、食品事故に遭うリスクが低減されることが期待される

このように、私たちマルカネにとってもお客様にとっても良いことばかりなのがA-HACCPなのです。2015年2月20日にはA-HACCPの第一回認定式が行われ、新湊食品工場は八戸1号として認証を受けました。

A-HACCP

これからも、おごることなく、安心安全な商品を皆様へお届けしてまいります。

自治体が認めるマルカネの「しめさば」

ちなみに、今回A-HACCPの認証を受けたのは新湊食品工場だけでなく、マルカネの定番製品「しめさば」も含まれます。具体的には以下の商品が対象となります。

  • しめさば
  • しめさば 銀鯖

しめさばはマルカネが自信をもってお届けする定番商品。脂の乗って美味しい事で有名な八戸・三陸産のさばを使用しており、酢の味わいがさばの旨みと脂にマッチして美味しく、決して酢っぱ過ぎることもなければ身もぱさついていません。食品添加物や化学調味料なども極力使用していません。

また、自社工場でのおろし・骨抜き・選別・下味付けなど、すべてが手作業で行われており、機械を使った大量生産では出せない絶妙な味わいを楽しんでいただくことができます。

これらの商品はオンラインショップまたは八戸市内のマルカネ直営店舗にてお買い求めいただけます。

【オンラインショップ】
個人のお客様はこちら
法人のお客様はこちら

【マルカネ直営店舗】
店舗のご紹介はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です